生活を少し楽しくするためのブログ

小さな変化、きっかけ、気持ちの持ち方で生活は楽しくなります。そうした小さなことを探すブログです。

睡眠不足になってませんか?質の良い睡眠をとることは老化防止やダイエットに効果があります。


f:id:sujya:20160709212520j:image

 

 

いつまでも若々しく元気に過ごせるように!

 

年をとってもいつまでも美味しいものを食べて、自分の足でいろんな所に行き、気持ちよく眠るということを続けたいものです。

睡眠をしっかりとることは老化防止や健康的なダイエットに効果的です。

睡眠をしっかりとることで「成長ホルモン」が分泌されます。

「成長ホルモン」は、体の代謝をよくし免疫力の増強、体力や気力の維持、老化防止に効果的です。

「成長ホルモン」は成長期の子供にとっ心や体、脳が十分に成長、発達していく上で大変重要ですが、大人にとっても美や健康に大きな影響を与えています。

免疫力を高め、回復力を促しますので 怪我の回復が早くなり、健康な肌や骨、髪の毛を守り、体脂肪を減少、内蔵機能の向上に影響します。

又、よい睡眠は細胞の再生力を高め、老化のスピードを遅らせることもできるでしょう。

 

 

眠りの質がよくなると、活性酸素を抑える抗酸化力がアップ

 

よい睡眠をとって「成長ホルモン」の分泌を促すことは、坑酸化力を高めることにもなります。

これによって老化を遅らせ、ストレスに強い心身や若々しい肌を取り戻すことにつながります。

睡眠ホルモンといわれるメラトニンも坑酸化作用が高いことが知られています。

睡眠は活性酸素を退治し免疫力を高める相乗効果があるといってもいいでしょう。

カギを握るのは「メラトニン

睡眠ホルモン「メラトニン」は「よく眠れる」「質のいい眠りが取れる」という睡眠のメカニズムと深く関わっています。

人間の体内には時計遺伝子や体内時計というものがあり生活と睡眠はまさに時計のようにリズミカルにコントロールしています。

その体内時計のタイミングに重要な役割をしているのが脳内の「メラトニン」というホルモンです。

朝、目が覚めて太陽の光が目に入ると「メラトニン」の体内分泌を止め体は活動モードになります。

夜になるとまた「メラトニン」を増やして眠りを誘うのです。

メラトニン」が十分分泌されていれば睡眠リズムが作られ、いい睡眠が作られます。

メラトニン」は坑酸化物質でもあり、体内の活性酸素を除去して免疫力を高める作用もあります。

しかし、不規則な生活やストレスが続くことにより「メラトニン」が劣化して正常なはたらきをしにくくなります。

また年齢が高くなるにつれて「メラトニン」の分泌量は減っていきます。

メラトニン」の分泌を促すにはどうしたらよいでしょうか?

メラトニン」はアミノ酸の「トリプトファン」から「セロトニン」がつくられ「セロトニン」からつくられる脳内物質です。

アミノ酸を十分にとって「メラトニン」の分泌をサポートしていきましょう。

 

生活活性アミノ酸からセロトニンがつくられ、メラトニンが増加する。

 

生活活性アミノ酸を作っている素材

 

グリシン

肉や魚など動物性タンパク質によく含まれる。

ナイアシン

ビタミンB3と呼ばれる栄養素魚介類や動物のレバーなどに多く含まれています。

コンドロイチン

ひざやひじなどの関節の痛みや関節炎によい作用があると知られている成分です。

コラーゲン

繊維状のタンパク質。細胞同士を結びつけ、水分を保つ役割があります。全身の細胞で代謝をよくするのに役立っています。

ヒアルロン酸

強い保水力を持ち、皮膚の弾力性やみずみずしさを保つ美容効果がよく知られています。

大豆イソフラボン

強い坑酸化作用があるポリフェノールで体内の過酸化脂質が増えるのを防ぎます。

ペプチド

肉や魚などのタンパク質を構成する物質で、アミノ酸が2~数十個つながったものをいいます。

眠りをサポートするページ